最高ではなく最低条件

heart

譲れないことを自覚する

生涯を末永く添い遂げたいと思った時、どのような方法で相手を探せば幸せな結婚生活が送れるか、ご存じでしょうか。その方法とはズバリ結婚相手の選び方にあります。結婚は一人でするものではありません。相手があってこそ、結婚相手も成り立つため、周囲も羨ましがるようなオシドリ夫婦になるためには結婚相手の選び方が重要です。どのような人が結婚に向いているのかはその人によって違います。そこで選び方として考える基準になるのは自分の結婚相手に対する最低基準を設けることです。ここで勘違いしてはいけないのは最高基準ではないことです。身長が高い方がいい、高収入な方がいい、学歴が高い方がいいなどの理想は最高基準になります。そうではなく、ギャンブルをしている人はダメ、子育てに協力的な人でないと無理といったこれだけは譲れないということを自覚しましょう。自分がされたら嫌なことを自覚することで結婚生活において相手へ不満に思うことが少なくなります。簡単でよいため、ノートに箇条書きにしてみましょう。次に深く掘り下げていきます。例えばギャンブルがダメだと思った人の根本にはお金にだらしない人や自制心のない人がダメであることが多いです。掘り下げることによってギャンブルをしていないが金遣いが荒くて不満といったことが無くなります。優しい人と言っても思いやりのある人や穏やかな人といったように解釈が様々です。自分にとって譲れない条件を自覚し、それをもとに相手を探すことが結婚相手の選び方です。

Copyright© 2017 結婚に焦りを感じているなら要チェック【結婚相手の選び方を伝授】 All Rights Reserved.